スポンサーサイト

  • 2016.05.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


季節遅れの紅葉を見てきた

 昨日、今日と、とても良い天気が続いている。良い天気と引換に、非常に寒い朝が続いている。氷点下近くまで下がったのではなかろうか。天気が良いおかげで日中は暖かい。洗濯物もよく乾いてくれるので助かる。

IMGP7589
 遅ればせながら紅葉を見に行ってきた。毎年行っているポイントへ行ったのだが、今年は遅すぎたため、既に葉が枯れて落ち始めていた。余り画にならない。善光寺周辺には楓の木があって綺麗なのは知っているが、月曜を休めば連休になる初日なので混んでいると予想して止めておいた。
 上の写真は長野市内で撮影した物。加工して色を鮮やか目にしているので分からないが、既に葉は落ち始めていた。たった1本の楓の木ではあるが、紅葉が見れたので良しとしておく。


 IS01のメジャーバージョンアップが行われない事が、正式にauから発表された。恐らく理由は書かれている通りで、もっと正確に書けば、限られた予算では対応できないといったところだろう。それにしても、発売後4ヶ月でサポート打ち切り宣言を出すのはどうなんだろうか。0円で貰って、月8円で運用している人は諦めも付くが、発売直後に定価で購入した人は納得できないだろうな。
 気になるのは、Android1.6にはセキュリティ的な問題があったはずだ。スマートフォンは個人情報の塊だ。セキュリティホールを放置すると言う選択肢は無いので、それに付いてはアップデートして修正するのだろうか。

 Android1.6で止まることが決定したIS01だが、個人的にはカスタマイズしてありがたく使わせて貰っている。今週はホームアプリを入れ替えてみた。ホームアプリとは、PCで言うところのデスクトップ表示を行うアプリとでも言えば想像しやすいのだろうか。普段目にするホーム画面の表示を行なっているアプリだ。初期で入っているホームアプリは動きが遅くて使い辛かった。そこで、「ADW.launcher」のIS01向け改造版を導入してみた。これが思った以上に快適。スクリーンの移動もズムーズに行える。元々ハードウェアのスペックは高いので、アプリさえ選べばまともに動いてくれるようだ。導入の仕方は説明するのが面倒なので、Googleで「ADW.launcher IS01」で検索すればいろいろ見つかるのでそちらを参考にして欲しい。
 なおADW.launcherを導入すると、ホーム画面の上のステータスバーを隠すことが出来る。すっきりして良いのだが、これをするとバッテリの残量が分からなくなる。そこで、Battery Viewと言うアプリをインストールしてデスクトップにガジェットを表示すると、電池の残り残量をアイコンと%で表示してくれる。%まで表示されるので標準よりも見やすくなるのが良い所。
 手を加えなくてもIS01向け改造版のアプリをインストール出来る辺りが、Androidらしい自由度の高さだと思った。アプリさえ揃ってくれば、Androidは思った以上に面白いOSになるかもしれない。そう感じた。

レッサーパンダの子供を見てきた

 秋らしい過ごしやす日が続いている。朝の冷え込みもきつくなく、程良い涼しさだ。この調度良い、秋らしい気候は来週も続く様だ。出来れば10月17日まで程良い気候が続いて欲しい。情報処理試験があるから。
 今週、その情報処理試験の案内が届いた。今回も試験会場は長野高校だ。交通手段が無いわけではないのだが、微妙に交通の便が悪い。個人的には信大工学部が会場としては便利なんだけど。ただ、春の試験の様に、長野マラソンが無いので交通規制が無い分、多少はマシになる。

 Amazonから「ふおんコネクト4巻」が届いた。これが最終巻だ。4コマ漫画のアニメ化が一時期ブームだったが、この作品がアニメ化される事は無いだろう。細かなところにパロディネタが入っているので、権利的に調整が面倒だろうから。万人受けするとは思えないので勧めはしないが、27〜36歳ぐらいの年齢なら、話の中に出てくる元ネタが分かって面白いと思う。個人的には十分楽しめたので、作者の次の作品に期待したい。4年間ご苦労様でした。
ふおんコネクト! (4) (まんがタイムKRコミックス)



 茶臼山動物園へ遊びに行ってきた。長野市の経営する動物園で、長野市中心部から車で30分ほどの距離の山の中腹にある。本来なら入場口が2箇所あるのだが、北口への道が土砂崩落で通れなくなり、ちょと遠い南口からしか入れない。この動物園は山の中腹にあるので、園内はアップダウンがきつい。歩きやすい靴を履いて行った方が良い。

 遊びに行った日は、ちょうどレッサーパンダの赤ちゃんが一般公開された日だった。レッサーパンダは人気があるらしく、専用の展示室まで造られていた。屋外展示場もあったが、見に行ったときは外にはいなかった。

レッサーパンダ_1
 これが公開されたばかりのレッサーパンダの赤ちゃん。3ヶ月らしい。やっと一人で歩けるようになったとのこと。

レッサーパンダ_2
 大人のレッサーパンダもぬいぐるみみたいな感じだが、赤ちゃんはさらにぬいぐるみ感たっぷり。電池で動くぬいぐるみの様な歩き方をしていた。これだけ可愛ければ人気も出るだろうな。

 赤ちゃん仲間で気に入ったのか、うちの子供もはしゃいで見ていた。うちの子供は10ヶ月になるところなので、若干年上か。まだ歩けないけど。

 長野市はもう一つ動物園を持っている。それが城山動物園で、善光寺から歩いて数分の位置にある。茶臼山動物園と比べると規模が小さく、動物の種類も少ないが、こちらは入園無料だ。長野市少年科学センターも近いので、幼稚園から小学生ぐらいの子供を連れて遊びに行くには最適だと思う。

紅葉の季節

 午前中は良い天気だった。雲は掛かっているが、時折日が差す天気。午後になると、ほとんど曇り空。曇っているので最高気温は上がらない。最近寒い日が続 いているが、もう11月が近いのだから、これが普通の気温なのかも。明日は天気が悪いらしい。雨が降るので、おそらく寒い一日だろう。

 今日は長野市長選挙。話に出てこないので忘れていたが、長野市議会議員の補欠選挙もあった。投票は済ませたが、誰に投票してよいかさっぱり分からない。市長選挙も分からないし、それ以上に市議の方が分からない。自分なりに調べて、マシな人に投票してきたつもりだ。

 Amazonから藤子F不二雄大全集のドラえもん3巻が届いた。今回は2巻よりもボリュームが多く、1巻と同じぐらいの厚さ。Amazonには表紙の写真が登録されていないが、のび太がドラえもんに暗記パンをねじ込まれている絵。4巻が12月で、5巻が来年1月を予定している。第一期は全8巻を予定している。全部そろったら、今の本棚に収まりきらない。さて、どうしたものか。


IMGP6560
 朝から紅葉を撮影するために出掛けて来た。長野市周辺の山でも紅葉は始まっているのだが、いまいち色の付き方が良くない。戸隠や飯綱の方であれば、おそらく色付いているとは思うが、最近は高速道路のおかげで観光客が多く、山道の運転に不慣れなドライバーが怖いので、県外の人があまり来ない場所へ行ってきた。
 場所は聖高原。そこそこ標高の高い場所なのだが、写真を見ての通りあまり色の付が良くない。タイミングが早かったかな。紅葉は気温差によって発生すると昔聞いたことがある。最近は朝の冷え込みも厳しくないので、昔の様に鮮やかな紅葉にはならないかも。今日撮ってきた写真は、いつものようにフォト蔵にアップした。興味のある方は、右のブログパーツからどうぞ。
 1ヶ月後には、長野市の近くも紅葉のピークになる。自転車で行ける範囲で鮮やかな紅葉が見られるので、暇があれば行く予定。過去のデータだと11月20日付近だ。暇じゃなくなってる可能性もある。


ドラえもん 3 (藤子・F・不二雄大全集)

クルミの実

 日が差し良い天気なのだが、昼から天気雨が降ったりしていた。日は差しても気温は上がらない。明日の朝は10度を下回る気温だそうな。改めて夏は過ぎたのだなと思ったりする。もう10月なのだから当然なのだが。


くるみ
 写真は買い物に出かけた店で飾られていたクルミの実。クルミと言うと、普通はどのような形を想像するのだろうか。店でクルミを買ったことがないのだが、どの様な形で販売されているのだろう。殻から取り出した実だけなのだろうか。実だけとしても、取り出したそのままの形なのか、細かくした状態なのか。クルミは硬い茶色い殻で覆われていると言うのは常識として扱って良いのだろうか。

 前置きが長くなったが、写真は硬い殻の外を覆う皮の付いた状態の物。多分この形では販売されていないと思う。クルミの木にはこの状態で生っている。写真の緑の皮の下に、茶色い殻が少しだけ見えると思う。梅干で考えてもらえば分かりやすい。食べる果実部分があり、その中に硬い種があり、種の中には実がある。クルミも同じ作りだ。食べる部分が種の中身というだけ。
 子供の頃住んでいた家の近くには、大きなクルミの木があった。品種はシナノグルミ。写真のクルミもそれかな。名前から分かるとおり、長野県で生産が多い。この時期になると、道には緑の皮に包まれたクルミが落ちており、それを拾って殻を金槌で叩いて割って食べた思い出がある。取り出した実はボコボコしていて、本で見た人間の脳みたいだと思ったりした。

 ちなみに、この時期に山へ行くとクルミの実を見かけることがある。大体は鬼グルミ。名前から想像できるが、鬼の様に固い殻を持つ。金槌で叩いても割りにくい。この鬼グルミ、殻の固さに目を付け商品に利用されていたりする。それがトーヨータイヤ(東洋ゴム工業)のガリットシリーズ(スタッドレスタイヤ)。鬼グルミの殻をタイヤゴムに混ぜて使われている。クルミの殻が氷を引っ掻くCMを見たことがある人もいるはず。


青森産 山くるみ(鬼くるみ) (乾燥乾物)


年光 クルギン 60790

桜を見に行ってきた

 先週は良い天気が続いたが、今週はあまり良くない。先日は強い雨と風だった。満開だった桜も散り、葉桜になりつつある。今日は朝から曇り。昼を過ぎる頃から晴れてきた。
 今日は午後を休みにして、雲上殿へ桜を撮りに行ってきた。今年は暖かい気候のせいで、桜の開花がだいぶ早くなっている。雲上殿は例年ならこれからが見ごろだが、今年はすでに満開のピークは過ぎてしまっていた。


IMGP6041
 ここは雲上殿ではなく、雲上殿よりもさらに高い位置にある駒形嶽駒弓神社の参道。地附山の公園に行く途中にある。ここの桜は今が満開。桜並木が美しかった。


IMGP6032
 花のアップ。隙間も無いくらいに咲いていた。天気も良くて花が青空に映える。


IMGP6050
 駒形嶽駒弓神社から少し山を降り雲上殿へ。写真は雲上殿へ登る階段。普段は無いが、御開帳の時期なので五色の旗がなびいていた。それにしても、この階段は急だ。


IMGP6093
 階段を登りきって振り返った風景。写真中央に見える建物が、善光寺の本堂。ちょうど北側が見えている。反対側には回向柱がある。


IMGP6061
 雲上殿全景。満開のピークは過ぎていたが、それでもきれい。雲上殿は善光寺の納骨堂。宗派問わず納骨してもらえるので、興味のある方はリンク先を参照してほしい(雲上殿納骨堂について)。


IMGP6070
 花のアップ。ピークは過ぎているので、少し萎れている。申し越し早く来るべきだったな。


IMGP6074
 これは別の種類の桜だと思う。鮮やかなピンクだった。こちらも満開のピークは過ぎ、だいぶ萎れている。


IMGP6087
 雲上殿から須坂インター方面を見た景色。画面の中央少し右に、大きな建物が見える。これはオリンピックでスピードスケート会場 となったエムウェーブ。


IMGP6090
 桜の木の下にはベンチが設置されている。意外に人は少なかったが、ベンチで休んでいる人もいた。
 雲上殿は高校時代、部活のトレーニングで走りに来た場所だ。上松の交差点から急な上り坂になり、一気に山を駆け上って雲上殿まで走った。春の頃にはこのベンチで休憩した思い出がある。

 今シーズン最初の花見をしてきた。残念ながらピークは過ぎていたが、天気が良かったおかげで気持ち良く見ることができた。標高の高い場所へ行けばこれから見ごろの桜もある。今週末は情報処理試験があるので出かけれないが、来週やゴールデンウィークにでも、機会があれば出かけてこようと思う。

 全ての写真はフォト蔵にアップしてある。また、上記掲載の写真はリンクするとフォト蔵へジャンプし、大きいサイズで見ることができる。気になった写真があればどうぞ。

今年初の桜

IMGP5884 先週の土曜日とは全然違い、風が強く冷たい寒い日だった。寒の戻りというやつだろう。今週は雪が降って少しだけ積もるぐらい寒かった。

 午後は今週も自転車で散歩に行ってきた。先週と同じく、犀川の小市橋付近。日当たりの良い場所では、もう梅(2009年3月29日修正)が咲いていた。写真はフォト蔵にアップしたので、よければ右のリンクからどうぞ。


 今週はWBCの決勝があった。結局イチローが持っていった。最終回同点に追いつかれて嫌なムードの中、その裏に逆転の決勝打。そんな場面に打席が回ってきて、きっちりとヒットを打つ。WBC期間中の調子が良くなかった事すら、この一打のための伏線ではなかろうかと思ってしまう。やはりイチローはスーパースターなのだなと思った。
 イチローは現在35歳との事。野球選手はサッカーに比べれば寿命は長いが、イチローのようにスピードが特徴の選手が、40歳を越えて活躍できるのかは微妙なところ。後5年もすれば、そろそろ引退を考える年齢になる。イチローのような人は最後、どのような引き方をするのだろうか。まだ早いが、その様なことを考えてしまった。
 それにしても、優勝後のシャンパンファイトで見せた笑顔とはしゃぎ様は良かった。それまでの過程が、いかに大変であったかを伺わせる。マリナーズは優勝から程遠いし、久しぶりの達成感だったはず。引退するまでにメジャーでも優勝して欲しいものだ。

野鳥と裾花川の水質

白い鳥 今日も歯医者で歯石を取ってきた。歯石を取るのは今日でおしまい。来週もう一度検査をして、歯磨きの指導を受けて終了になる。年末の歯石除去は毎年の行事となっている。これが終わればいよいよ年末。もう12月も半ばか。
 来週からかなり寒くなるらしい。年末に向けて忙しくなる時期だ。体調を崩さないように気を付けた方が良さそうだ。


 写真は返りに裾花川で撮った白い大きな鳥。サギだろうか?写真には4羽しか映っていないが、その周りにもっと沢山居た。またカモだと思うが、小さいサイズの茶色い鳥もかなり多く休んでいた。写真を撮った場所は長安橋の近くだが、もっと上流の鉄橋付近や、裾花橋の付近にも居た。いつから裾花川に、こんなにも多くの鳥が来るようになったのだろう?高校の頃は毎日裾花川の土手を通って学校へ行っていたが、そんなに多くの鳥は居なかった。これまでは別の場所に飛来していたのだが、その場所に居られなくなり、仕方なく裾花川に来たのだろうか?そうだとしても、かなり多くの鳥が居つくということは、それなりに餌があるはず。鳥の餌は魚だ。魚が増えるということは川がそれだけ綺麗になったのだろうか?
 確かに昔に比べ、川の水は綺麗になった。安茂里地区にも下水が整備され、排水を垂れ流しにすることは無くなった。上流の地区でも下水整備が進んだと思う。裾花川の横にあるマルコメ味噌も、10年以上前に自前の下水処理施設を作り、排水の浄化を行っている。そう言った積み重ねの結果が出ているのだろうか?
 何にせよ、野生の鳥が居つくということは、環境的には悪い場所ではないはず。良い事として受け止めよう。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
links


あわせて読みたい


selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
Gmailアドレス
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM